犬 気持ち

犬の気持ちとは、どんなことを考えているのか

犬から人間を見た場合、どんなことを考えているかと考えたことはありませんか。以外に犬は冷静に人を見ているのかもしれません。言葉は通じなくても犬は体全体で表現しています。もしかしたらもっと深くコミニュケーションが取れるかもしれないヒントがここにはあります。

犬 気持ち 1

犬にとってリーダーこそ

どうせ犬には言葉は通じないと思っていると、犬を間違って理解することになる。言葉は通じないが、必要なことについてはあらゆる情報を組み合わせて何とか理解しようとしているのだ。犬が必要だと思うことは、飼い主の中で誰がリーダーかを知りたいということだ。これがわかって初めて犬は自分のポジションを理解し、安心して居場所を見つけられる。ある家庭では、その家の子供をリーダーと認識していたし、ご主人様よりも奥さんのほうを頼りになるリーダーとにsん指揮している犬もいた。以外に犬もきまぐれで、決めたものではなくて、あらゆる要素をかみしてそう決めたものなのだ。そして犬にとってはという条件をつければ、この判断は決して問題ではない。判断の基準をあえて人間の言葉にすれば、面倒を見てくれるとか見守ってくれるとか言うようなことになるだろう。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬 気持ち 2

犬はリーダーをとうして人間をみる

多分犬はリーダーをとうして人間というものを理解しているのではないかと思う。だからいいリーダーに巡り合えば、そのリーダーをとうして人間そのものを好きになるのではないかと思う。おそらく飼い犬はその人の「鏡」ということになる。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬 気持ち 3

さらに深い意味がある!

出来のいい人間かそうでないかは、犬を見ればわかってしまうのだから、怖い話である。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬 気持ち 4

笑いの絶えない家庭

きっとよく笑うご主人を見ている犬は、よく割るようになるのだ。笑い声の絶えない家庭の子が明るい表情をしているのと同じ理屈である。楽しい家庭の犬の表情は嫌でも明るくなるのである。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする