犬 リード 長い

犬のリードの長さについて!

犬種や飼い主のスタイルに合わせてリードの長さも大事なポイントですね!

リード長さが選べる専門しょぷうはこちら→HundAフントア

犬 リード 長い 1

首輪ハーネスリードサイズ表

犬 リード 長い 2

リードの長さを延長できる

超小型犬用 小型犬用 10cm延長はこちら

中型犬用 大型犬用 10cm延長はこちら

超小型犬用 小型犬用 20cm延長はこちら

中型犬用 大型犬用 20cm延長はこちら

犬 リード 長い 3

バックル付きオプション

買い物先などで便利なバックル機能です。支柱などにワンタッチで取り外しなどができます。

バックルオプションはこちら

犬 リード 長い 4

散歩スタイル

片手でリードの輪っか部分を持ち、もう片手でリードの中間部分を持ちながら犬をあしもとのわきに歩かせるのがよいスタイルといわれます。もちろん犬種や飼い主のスタイルに合わせて持ち方はかわります。

犬 リード 長い 5

リードの安全性

犬との散歩において何より大事なのが安全なリードで散歩することです。とくに条例でも決められているように、犬との散歩の際には必ずリードをつけることになっています。だからこそリードが大事なのです。
そこで専門ショップとしてHundAフントアとして、第三専門機関に依頼をして、リードの引っ張り強度試験を実施しました。そうしたところ、各サイズの犬種の数倍の引っ張り強度が確認できました。だからハンドメイドの仕上げであっても丈夫で安全であることが確保されたということになります。
下の写真は、ケース内で試験を行っている様子です。↓↓

楽しくなる犬とのお散歩コツ

相性の良さ

犬にはたくさんの種類がある。どの犬も散歩程度の運動は大好きだが、陽気で活発な犬と暮らすのか、じっと愚痴を聞いてくれるような穏やかな犬と暮らすのかは飼い主の好みによる。だがなんといっても、相性が合うのが一番なのだ。

犬とともに歳を重ねる

ごく大まかにいえば犬は生まれて一年で成犬になる。人間でいえば十六、十七歳という年齢だ。そして生後二年で人間の二十四歳ぐらいになり、あとは毎年人間でいえば四歳ずつ歳をとっていく。
この計算でいえば、犬の平均寿命十二歳は人間でいえば六十四歳ということになる。これは小型犬や中型犬に対していえることであり、大型犬はもう少し早く年を取るとされている。

大型犬の場合、成犬になるのは二歳ぐらいされているが、そこから先は人間でいえば毎年七歳ずつ歳をとっていく。十二歳は、人間でいえば九十歳近い年齢になる。
あくまでも一つの目安だが、こんなことも頭に入れたうえで、飼っている犬の体調を考えたほうがいいだろう。

個体差があるが、犬の七歳はもうそろそろ老化が始まる年齢なのだ。

犬は歩くのが大好きだから、歩きたがるようならいくつになっても散歩を楽しめばいい。でも、あまり急に無理なことはさせないほうがいい。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする