愛犬のしつけ

愛犬のしつけに悩むことはありませんか

その悩みに少しだけ役立つヒントがこのサイトにあります

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬のしつけに向いているのは男性?女性?それとも愛情!そんな愛犬のしつけについて考えたサイトです。このサイトがお役にたてれば幸いでございます。

愛犬のしつけ1

人間の子供のしつけも犬のしつけも基本は変わらない

言葉が通じない犬をしつけるのは結構大変なことだ。しつけは大変なことだからいろいろな本が出ていいる。どの本も生後二~五か月の幼い頃がもっとも大切だといている。トイレや食事のしつけなど、人間の子どものしつけと共通していることも多い。もちろん人間と犬のしつけを一緒くたんににする気はないが、家族という集団生活を営む上のルールは人間も犬も基本的には変わらない。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

愛犬のしつけ2

愛情こそしつけ

食事は決まった場所で、規則正しく与えましょうと教える本もある。これなどは人間の子供のしつけとしても大切なことだ。人間の子供なら言葉を中心にしつけることができる。言って聞かせるのだ。でも犬のしつけでは、言葉は、従、にすぎなくなってしまう。では言葉の通じない相手をどうしつければいいのか。「なんでもないこと。愛情を注げばいいのです。赤ちゃんをしつけるのと同じです。」という女性がいる。なるほどと感心したが、確かに人間の赤ちゃんも言葉は通じない。でもお母さんは赤ちゃんに話しかけながら、愛情を注いでいる。そして、必要なことをちゃんとしつけている。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

愛犬のしつけ3

理論的な男性こそ愛情を

女性と違って男たちは、しつけというとどうも身構えてしまうところがある。理論的に教え込もうとしてしまうのだ。逆立ちしても、一番初めに愛情を注ぐなどという考え方は出てこないのではないだろうか。そう考えると、犬のしつけは女性に向いているのかも知れない。でもここはがんばって男性にももらいたいと思う。たっぷりと愛情を注いでどうしつけるか。それを考え出して、あれこれ試してみるだけでも、楽しいし、自分の脳にも栄養になる。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

愛犬のしつけ4

実践教育

実践教育が一番ではないでしょうか。要するに散歩しながら犬をトレーニングするのです。これなら愛情も注ぎやすいのでは!散歩中に「そんなに引っ張っちゃだめだ。そうそういい子だな。そうやって歩けばいいんだ。」そんなことを犬に話しかけながら散歩するのです。逆にそんな姿は、周りから見ると少しうらやましい光景かもしれません。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする