犬の叱り方

犬の叱り方について、悩んだことはありませんか

犬の叱り方について考えるサイト

叱り方は人間も犬もいっしょ。叩いて物事をわからせようとする行為は逆効果。では、どのように叱ればいいのかがわかるヒントが有ります。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬の叱り方1

叩いても駄目

犬がいうことを聞かないということで、叱りながら犬を叩いている飼い主を見かけた。散歩の途中なのだろう、道端で叱っていたのだ。【なんで言うことを聞かないの、ダメだといったらダメでしょう」パチンという感じで叩いているのだ。子犬だったが、なんで頭を叩かれたのかわからないままに、それでも神妙な顔をしていた。その言い方がまるで自分の子にいっているようだったので、もしかしたらこのお母さんはいつもこうやって子供を叱っているのかもしれないと思った。でも犬は叩かれても反省はしない。叩かれて、怖いとは感じても、自分が悪いことをしたから叩かれたのだとは思わない。むしろそんなことを思うような脳の構造にはなっていないのだ。

犬の首輪ハーネス専門
HundAフントア

犬の叱り方2

叱り方のコツ

まず短い言葉で、やってはいけないことをするのをやまさせる。いけないというような一言でいいだろう。犬は何でもやたらに噛みたがる。だから噛んでほしくないものを噛んだらいけないと強い調子で言ってやまさせるのだ。多分犬は叱られたと叱られたと思ってやめるだろう。そうしたら今度はそのことを褒めてあげる。よしいい子だでもえらいぞでも言葉はなんでもいい。頭をなでながら、もう怒ってはいないということが犬に伝わればいい。これで犬は安心する。短い言葉で叱り、時間をかけて褒めてあげる。これが犬を叱るコツだ人間と一緒にすると怒られるかもしれないが、これは人を叱るときも同じこと。人を叱るのが下手な人は、だいたいこの逆をやっては人から嫌われている。時間をかけてねちねちと叱り、褒める時はごくあっさりとすませてします。これでは叱られている方も気の毒だ。叩いたところで決して、頭のなかに言葉は残らない。人間の子供ももそうだが、犬も怒って叩くのは信頼関係を損ねてしまうおそれがある。かえって逆効果になることが多いのだ。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬の叱り方3

犬の反省

では本当におこっている時にはどうすればいいのか。きつく怒ったあとに無視しますという人がいる。例えばふざけて犬が軽く噛んだようなとき。いけないと一言きつく叱って、後は体全体で犬の存在を無視してしまうのだ。群れで暮らすことが習性になっている犬には、確かにこれは応えるだろう。なんとか飼い主の気を引こうとして、いろいろなことをするだろう。いつも遊んでいる棒を持ってきて、いっしょに遊ぼうという顔で見たりする。こうやって犬はきっと反省をしているのかもしれないと思う。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬の叱り方4

叱った後はもう一度信頼関係を

叱った後は散歩に行きましょう。人間同士も同じようにやはり、叱った後そのままにしておいては互いに気まずいもの。散歩こそまた互いに信頼関係を作る最大のコミニュケーションですよね。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする