犬 散歩 服

服を着せて歩くのは、ファッションのためばかりではない

服の特徴や犬種の性格などをよく理解して服を着せてみてはいかがでしょう。そんな愛犬に服を着させるためのポイントをまとめました。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬 散歩 服 1

服を着せて散歩には意味がある

よく犬に服を着させるなんて、飼い主は何を考えているんだ。着せ替え人形じゃあるまいし、というようなことをいう人がいる。でも寒い冬に犬と散歩をしようとするなら、それも一つの選択ではないだろうかと思う。十度以上ある暖かい部屋の中から、三度か四度といった外気温の中に出て行けば、人も思わず身震いしてしまうだろう。とはいえ寒さに弱い小型犬やシングルコートの犬、老犬も一応は毛織物の服を着ている。だから散歩で外出する時は、その上にコートを一枚はおる感覚でゆったりとした、大人用の服を着させてあげるのもいいのではないかと思う。これなら内外の温度差をある程度カバーしてくれる。でもコート感覚で着る服だから家に帰ったら脱がせたほうがいい。着せたままにしておくと、犬は体温調整ができなくなってしまう。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬 散歩 服 2

人も犬も寒さ感覚は同じ

冬の散歩を犬と楽しむなら、歩く時間帯も考えたい。基準は私たち人間でよい。要するに私たち人間が気持ちのいい時間帯は犬もきもちがいいはず。おひさまがポカポカと照っているような温かい時間帯は、部屋の中で縮こまっているよりも手足を伸ばして歩きたいなと思う。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬 散歩 服 3

寒い冬の散歩前準備

冬の散歩はまず筋肉などをほぐすようにゆったりと始めるのが基本。ひだまりを縫うようにして歩いていると、だんだんと体もほぐれてくる。体が温まったところで普段と同じ早さで歩くとよいでしょう。ともかく寒い時期は寒さだけでストレスになります。ゆえに冬の散歩はこうしたストレス解消の効果もあるので、準備をしっかりしてからスタートしましょう。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬 散歩 服 4

服のデザインにあった首輪ハーネスこそファッション

服のデザインにあった、首輪ハーネスを探すには通販で手軽に購入できるこちら↓

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする