犬 ストレス

犬のストレスを考えるサイト

犬のストレスについて考えているあなたへ。そのストレス解消のヒントが見つかるかも知れないサイトです。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬 ストレス 1

人とともに暮らしてきた犬たち

犬は大昔ら人と寄り添うように暮らしてきた。だから人も犬も一緒に喜び、悲しみ、悩んできたのだ。もちろん犬は犬なりの条件付きになるが。さらに大昔、私たちの先祖は生きていくための狩りで、野山を走り回っていた。犬はそのころから家畜として飼われており、猟犬として人のそばにいたのだと言われる。ところが文明が進むにつれて私たちはあまり歩かなくなってしまった。それにつれて犬も歩かなくなった。

犬 ストレス 2

心の癒し

昔、首輪もつけないで街中をほっつき歩いている犬が結構いたものだ。こういう犬たちは、食事と昼寝を含めた寝る場所は人に面倒をもらい、後は気ままな暮らしをしていた。放し飼いだ。しかし全国的に当然自由う放任のような飼い方は許されず、ほとんどの犬はつながれて飼われている。呼び方も以前は単に番犬などと言っていたが、最近はうちの子という言い方をしている。今や犬が好きな人にとってその存在は、単なるペット以上のものとなっている。これまで玄関先に繋がれていた番犬というだけでなく、共に暮らすことによる、家族の疲れた心をいやすという役目も担っているのがペットとしての犬だろう。

犬 ストレス 3

人も犬も同じストレス

私たちが暮らしている社会はいろいろなストレスが渦巻いているが、こうしたストレスは人間と一緒に暮らす犬たちにも襲いかかっている。ため息をつく人間を見て、犬も何とかしなければと焦る。ご主人様の不幸はそのまま飼い主の心労にもなる。だから犬もストレスが溜まってくるはずだ。しかしながら犬は人間と一緒になってため息をつくわけにいかないから、いろいろな提案をする。
こんな犬がいる。飼い主が深刻な顔をしているとそれを見つけて、犬が自分でいつも遊んでいる犬のぬいぐるみの人形をくわえて持ってくるそうだ。これで一緒に遊びましょうということらしい。飼い主が笑いながら頭をなでてあげると、それだけで犬もほっとした顔をする。やはり一緒にストレスを溜めていたのだろう。

犬 ストレス 4

ストレス解消は歩くこと

犬を散歩に連れていくと、歩いているうちにイライラが収まってくる。歩けば雲散霧消する。これはまさに本能のようなものだから、人間も犬も散歩はストレス解消にはもってこいのはず。人間にとっては健康維持にもなる。気ままに散歩に出かけましょう。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする