犬 散歩 時間 決めない

犬の散歩の時間について考えたサイト
きっと犬の散歩が楽しくなるヒントが見つかる!

犬の散歩時間について悩んだことはありますか。犬の散歩ほど自由で、きままに、爽快なことはないですね!せっかくの犬との散歩です、何かちょっと意識をかえてみるとより一層楽しい犬の散歩時間ができるのではないでしょうか。そんな散歩時間について考えてみます。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬 散歩 時間 決めない 1

犬の散歩と時間

上手にしつけると犬も幸せに暮らせる。食べたい時に食べたり、吠えたい時に吠えていてはわがまま放題、し放題になる。これでは犬もある意味不幸だ。もともと犬は群れで暮らす習性をもっている。群れには必ず群れを率いるリーダーがいる。そしてそのリーダーの下で優れた能力を発揮するのが犬であり、犬もそういう自分のポジションが理解できると安心できるのだ。だから毎日の散歩が大事になってくる。あえて言うと決して時間をかけて散歩すればいいということではなく、毎日することが大事なのである。

犬 散歩 時間 決めない 2

犬のしぐさ

犬のしぐさがわかると今まで以上に散歩の時間が充実できるかもしれない。犬は体全体を使っていろいろな表現をしていることをご存じだろうか。人間には喜怒哀楽というものがあり、そのまま出る人もいれば表にあらわさない人もいる。例えば「顔で笑って心で泣いて」みたいな。だが犬は喜怒哀楽を隠そうとしない。むしろ言葉が話せない分だけ懸命になって表情やしぐさで感情を伝えようとする。そのしぐさの一部が以下のとうり。
・怖がっている時は、尻尾を足の間に挟み込んで耳が後ろに倒れている。
・喜んでいるときはその喜びを体全体で表現し、尻尾はちぎれるようにふる。そして辺りを飛び回るようにする。
以上のようなしぐさを理解してあげるだけで、犬とのコミニュケーションが深くなり充実した散歩時間がとれる。

犬 散歩 時間 決めない 3

自由気ままこそが

人は1日1万歩歩くと健康にいいといわれる。1日1万歩とは、約1時間ちょっとである。しかしいくら犬との散歩であっても1日1万歩を毎日続けるのは非常に苦労する。これでは散歩のための散歩になってしまうし苦痛にもなる。
犬は散歩が大好きだから、いつでも散歩となれば付き合ってくれる。だから犬との散歩は時間の決めず、自由気ままに季節の香りや街並みの感触を肌で感じながら自由気ままにするのが一番良い散歩ではないだろうか。

犬の首輪ハーネス専門HUndAフントア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする