犬 首輪 ハーネス

だわりのある犬の首輪ハーネスを、お探しのあなたへ!

こだわりのある犬の首輪ハーネスを専門につくっている、完全ハンドメイドのショップHundAフントアがあります。あえて首輪とハーネスだけに、こだわって作り続けてきました。そんな魅力ある首輪とハーネスです。


こだわりの専門ショップ

犬の首輪とハーネスだけにこだわっている専門ショップです。それは、犬と人を結ぶ大事なものだけにかわいらしさと丈夫さを、とことん追求してきました。手持ち部分、リードの長さ、首輪、ハーネスなど各所を犬のため、人のために考え抜いてきました。そんなこだわりのある専門ショップはこちら→HundAフントア

専門ショップだからできる、安全性!

単に機械的に首輪とハーネスを作ってはいません。第三機関に依頼をして、引っ張り検査も行いました。犬の体重に対して、4倍から5倍の強度が出ました。もちろんただ強いだけではなく、犬にとっても負担がないように、芯材を入れて締めつけられないようになっています。安全に楽しくお散歩ができます。

ハーネスリードセット

首輪リードセット

叱り方のコツ

まず短い言葉で、やってはいけないことをするのをやまさせる。いけないというような一言でいいだろう。犬は何でもやたらに噛みたがる。だから噛んでほしくないものを噛んだらいけないと強い調子で言ってやまさせるのだ。多分犬は叱られたと叱られたと思ってやめるだろう。そうしたら今度はそのことを褒めてあげる。よしいい子だでもえらいぞでも言葉はなんでもいい。頭をなでながら、もう怒ってはいないということが犬に伝わればいい。これで犬は安心する。短い言葉で叱り、時間をかけて褒めてあげる。これが犬を叱るコツだ人間と一緒にすると怒られるかもしれないが、これは人を叱るときも同じこと。人を叱るのが下手な人は、だいたいこの逆をやっては人から嫌われている。時間をかけてねちねちと叱り、褒める時はごくあっさりとすませてします。これでは叱られている方も気の毒だ。叩いたところで決して、頭のなかに言葉は残らない。人間の子供ももそうだが、犬も怒って叩くのは信頼関係を損ねてしまうおそれがある。かえって逆効果になることが多いのだ。

犬の首輪ハーネス専門ショップ
HundAフントア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする